うつ 死別の辛さ 事件・事故後のショック症状 不登校 カルト宗教

ライフイベントのストレス表

 

ライフイベントのチェック表を紹介します。

 

就職、結婚、子供の独立など、私たちの人生にはイベントがいくつもあります。
もちろん喜ばしいものばかりではなく、失業、離婚、肉親との死別など非常に悲しいものありますね。

 

これから紹介する「ライフイベントのチェック表」はあなたの経験するライフイベントにどれくらいストレスがかかっているのかをはかる目安として使われています。

 

 

 

まずは表をご覧になってください。それぞれのライフイベントに点数がついています。この点数が高いほど、ストレスが強いということです。

 

 

ライフイベントのストレス

(ホームズとレイ 1967より一部改変)

 

点数    ライフイベント

 

100    配偶者の死

 

73     離婚

 

65     別居

 

63      懲役

 

63     近親者の死

 

53     けがや病気

 

50     結婚

 

47     失業

 

45     離婚調停

 

44     家族の病気けが

 

40     妊娠

 

39     性的困難

 

39     新しい仕事

 

38     家計の悪化

 

37     友人の死

 

36     転職

 

35     夫婦喧嘩増加

 

31    100万以上の借金

 

30     預貯金の消滅

 

29     仕事の責任変化

 

29     親戚とトラブル

 

28     個人的成功

 

26     妻の就職退職

 

26     入学・卒業

 

25     生活リズム変化

 

24     習慣の変更

 

23     上司とトラブル

 

20     労働環境変化

 

20     転居

 

20     転校

 

19     趣味の変化

 

19     宗教の変化

 

18     社会活動変化

 

17     100万以下借金

 

16     睡眠リズム変化

 

15     同居人の変化

 

15     食生活の変化

 

13     長期休暇

 

12     クリスマス

 

11     軽微な法律違反

 

 

ライフイベントのストレスの強さは点数で表されます。

 

直近1年間の間に経験したライフイベントのストレス度の合計を、上の表を参照して出してみてください。

 

(例1) 配偶者と死別した方は100点のストレスがかかっているという意味です。

 

(例2) 離婚し、近親者が亡くなり、失業したばあいは

 

73点(離婚)+63点(近親者の死)+47点(失業)=183点のストレス度となります。

 

評定法

 

次の年に心身の病気になる可能性

 

150点以下     30%

 

150点以上 300点以下  50%

 

300点以上     80%

 

合計点数が150点を超える方は、できるだけ仕事をセーブしたり、無理をしたりしないで、つとめて休息を入れるようにしてください。

 

 

ストレスについてのくわしい解説は 見えざる疲労 見えざるストレスのページをご覧になってください。

 

 

「うつかな?どうかな?」と心配な方はベックのうつ病調査票(BDI)テストを参照してください

 

 

うつの症状などについてはうつ病の症状と原因のページを参照にしてください。

 

 

こころの相談室  りんどう  担当カウンセラー 馬場健一

 

 

カウンセラープロフィール

 

 

電話カウンセリングを希望される方は下のボタンをクリックしてください。

 

うつ病,死別の辛さ,カルト宗教,千葉県船橋市,相談

 

面談カウンセリングを希望される方は下のボタンをクリックしてください。

 

うつ病,死別の辛さ,カルト宗教,千葉県船橋市,相談

 

 

 

 

 

 

 

参考サイト

よろしければこちらもご覧ください

 

「ひょっとして『うつ』かな。心配だな」と思われたかた。

 

うつ病かどうか診断できるテストがあります

 

うつ病診断〜ベックうつ病診断調査票をどうぞ。

 

うつ病の原因と症状について知りたい方は

 

うつ病の症状と原因をどうぞ

 

うつ病からの回復のプロセスについて知りたい方は

 

うつ病回復へのプロセスをどうぞ

 

うつ病回復期の波〜リハビリ期の注意事項をどうぞ

 

・大切な人に突然死にたいと言われた

 

死にたいと言われたときをどうぞ

 

具体的な症例は

 

うつの症例と解説をどうぞ


 
電話カウンセリング 面談カウンセリング